2017年09月30日

叫びたくなる


  狭い横断歩道を渡っていたら、
  横から出て来た自転車と、
  すんでのところでぶつかりそうになった。

  悲鳴を上げ、のけぞり、難を免れた。

  それに近い事を再々見受ける。
  そしてそれは、ほとんど ― 若い女性。

  先日も、駅から次々と出てくる車、
  これも、横断歩道で ・・・

  当然信号は、” 赤 ”  対面には、私がいた。

  スマホを見ながら、何事もなく渡り始める若い女性。
  車が、‶ ブ!ブ!" と警笛を鳴らすも
  ちょっと顔を上げ ・・・

  次に来てる車は、前に女性が立ってるも
  一切構わず前に進んだが、車を止めた。

  そして・・・ 何事もなかったように、顔色もかえず・・・
  お渡りあそばした

    20歳代の女性でした。

  私怒鳴りたく、叫びたくなるのを抑えるのに ・・・

    気分が悪くなった。
  
  次の信号でも ” 赤 ” にもかかわらず、
  リクルートスーツ着用の 2人の若い女性

    二人一緒なら怖くない!

  てな感じで あわてず、悪びれず ・・・ 

    お渡りになりました。

  そうゆう彼女達の神経というか、物事の判断を伺いたい!

  キャリアウーマン (その頃は、きちっとした精神性があった)
  女性均等法が出来、男女同等の仕事をしている。

  いや、もっと、優れてる ・・・ と
  何か、錯覚をしているのでは ・・・ ??

  女性特有の、優しさ、思いやり、暖かさ、恥じらい

  気位でなく気品を ・・・ 失って欲しくない!

     切望します。

 ************** マサコ・ギャラリー ******************


     
          直木 昭   ベネチィアの風景 ( 油彩
                          ( お譲 りできます。)

 **********************************************
  


Posted by ブティック ハシモト at 09:58Comments(3)言葉の装い

2014年09月06日

ことのほか 美味しく 頂けた お昼


    昼食に出かける、

   エレベータに乗る時、
   親子蓮れの(お父さん、坊っちゃん)
   二人が乗って来られた。

   当然降りるときは、父子さん達が先に・・・
   店の受付も当然、父子さんたちが先に―

   私達は席がないので、空くまで椅子に掛け
   お待ち下さい、とのこと。 

   すると、その男性、“ どうぞ、お先に ” と
   おゆずりになるではないか

   私も、昼休みなので、遠慮なく受け、

    ” 有難うございます、お言葉に甘えます ” 

      てな、挨拶をし、お先に ・・・ 親切に感動した。、

      ことのほか、食事も、美味しく頂いた。
 
   若い人は、礼儀知らずなんて、時々、耳にする事があるが・・・

   同じマンションのエレベータ内で遭う
    大学生、高校生(いずれも男性)

   遭った時の態度と、言葉使いは礼儀正しく、本当にさわやか、!

     私も、つい

     ” いってらっしゃい””お帰りなさい” なんて、言葉を掛け

        自分自身、なんだか、ルンルン気分に!!

   
  


Posted by ブティック ハシモト at 11:23Comments(0)言葉の装い

2012年02月29日

「愛敬」と「愛嬌」

あなたは商売してるのに、どうして愛想が悪いの
もう少し愛嬌ある顔をしなさい!と母から言われたものです

又親しいお客様からも、あなたは本当に愛想のない人ね!と…

恥かしいのですが‥‥そうなんです。

「心の中で商売人でなく技術者なんだ、仕事は誠心誠意対応
してるなんて、ぶつめき、又愛想笑いを連想して反発する
幼い心情なのでしょう」

先日、昔の本を読んでいましたら、”敬”の字を使った言葉に
「愛敬」(あいきょう)というがあり、今は可愛いらしいという意味で
「愛嬌」を使う。 

もともと、愛嬌は「いつくしみ、うやまう」との意味
「愛」はねんごろに親しむ徳なり。
「敬」は上を敬い、下を軽んじないこと

要するに「それぞれの立場を尊敬し(みんな仲良く)
という事だそうです。

 これを読んで恥ずかしくなりました。

遅まきながら「愛敬」と、心に置き、
皆んなを敬う心根で接し愛嬌ある女になろうと
誓いたいものです、いいえ、誓います!

  


Posted by ブティック ハシモト at 14:53Comments(2)言葉の装い

2011年10月26日

かわいい! って何?

この頃”素敵”!という賞賛の言葉を余り耳にしなくなった様ですが…?
若い人はもっぱら”かわいい”!です

年配の人が少々怒ってありました
若い人から”あら、かわいい服”と云われてたと…
若い人からこの年で、かわいいなんて云われたくない!!と
あら、それは、”褒め言葉ですよ”多分…と、私

美しさにかかわる総合言葉が”かわいい”で
貧弱な表現に感じるのは-私も年配だから…      
素敵で幅広く奥深い日本語があるのにー
本当に言葉貧乏は少々悲しい…

この感じ方、間違っています?






  


Posted by ブティック ハシモト at 11:40Comments(3)言葉の装い