2018年05月30日

情熱よ有難う


   若い時は、寝ても覚めてもデザインの事ばかり ・・・

   フアッション界のヨーロッパ旅行
   パリでは、有名デザイナーのアトリエ、
   作品も特別に見学。日本に帰りたくなかった。

     デザイン — 創作する事
   モダン、しゃれた、ハットさせるデザイン・・・・
   その人を最高に映えさせるデザイン・・・

   特定の人を対象に、
   体型をカバーするデザインに
   夢と、情熱をかける !!

   同業者から、それ程の事と、笑われ、
   悩んだりした。その人は早々に辞めた。〈私より、年長者)
   店員さんになり、今は、大変、楽との感想。

   改めて、自分の姿勢に目覚め、納得、安堵した。

   お客様を愛し、最高に輝かしたい思いで
   生地を選び、デザインし、仮縫い、縫製と ・・・・

   その人を、好ましく思わないと出来ない!
   その人を好きになり、長所を、引き出し
   情熱をかけ創りあげる。

  
   先日、高齢な方の、一筋縄では出来ない
   体型のお客様、

   今迄、相当の体型のお客様と接した私でも、
   例外程の体型、・・・

   それこそ、昼も夜も ・・・ 体型をうまく、隠して
   恰好良くする。

   考えに考え ・・・
   本当に、自分の情熱を我ながら、
   嬉しく感じ有り難いことと、思いました。

   思う通リに出来、ホットし自己満足に浸りました。


**************** マサコ・ギャラリー ******************


      
         ヒロ ヤマガタ   ( シルクスクリーン 790×790
                            ( お譲 りできます。)

********************************************
  


Posted by ブティック ハシモト at 15:44Comments(2)私のひとりごと

2018年05月08日

ニセ警察官は優しかった


 

    『〇〇,〇〇子さんのお宅ですか?
     ご本人様に間違いございませんか?』

  と電話  「ハイ! 私 本人です。」
 
    『最近、詐欺グループがつかまりまして・・・
     次のターゲットとしての名簿に,貴方の
     住所、氏名、が載ってましたのでお知らせ
     致します。』

  私 「有難うございます。」

    『次に、預金通帳と暗証番号の件ですが ・・・』

  私 「私、全然心配する程のお金ありませんので・・・」
       いろいろお話しているのを遮って

    「有難うございます ・・・
       失礼ですが、お名前をおしえてください。」

    『はい、福岡中央警察署の(k)と申します。』

  私 「ありがとうございました。」

     あわてて、電話を切った。
     すぐ、福岡中央警察署に電話をする。

     係に回しますと受付嬢が回した処も女性が出られ
     顛末を話す。

     耳が聞こえずらいので、・・・
     お声を大きくしてくださいませんか?と頼む

    『 注意しなさい!!  
         これ以上大きい声はでません!』

      ・・・ まさに、怒鳴られた.

    かかってきた電話の男性は、素敵な知的でソフトな
    お声で、容姿まで素敵さを感じさせる ・・・・

    かたや ・・・ 女性警官の対応には、逆に、心が
    震える思い ・・・

      これいかに?

**************** マサコ・ギャラリー ******************


  
         マイケル、ルー   ( リ ト グ ラ フ 590×790
                            ( お譲 りできます。)

********************************************  


Posted by ブティック ハシモト at 18:54Comments(0)私のひとりごと

2018年04月16日

身の程を知る


  気分がネガテイーブだと、
  街の中の雰囲気も、行き来し人々の
  動きもを見ても、少しも心ときめかない。

  ましてや、素敵なフアッションで
  躍動的に歩いている人も、見受けない。

    もう少し恰好いい人、
    ハット 心ときめく人
              いないの?

  世の中の女性、〇〇ダイエット、〇〇で痩せる
  などなど話題が、溢れているのに ・・・

    超肥満の若い女性 ―

  遠慮とか、気恥ずかしいとかの素振りもなく、
  意気揚々威張って、腹に、尻に、胸、足、と
  ブリブリとむき出しで ・・・ 
  フアッションで、カバーする事も配慮せず ・・・

  人目に触れる ・・・  外を歩く ・・・

  どう、見られるか考えて、いらっしゃるのか?
  そんなことなんのその、ハチャメチャで ・・・

   今ぞ,われら市民権を得たり!

  今をときめくY嬢の、ブリブリ太ったのを、
  売りものにしテレビで、活躍しているが、

  彼女は、メークも、フアッションも、
  すごく神経を使い人々に、アピールする事を
  考えているのが、伺える。

  その努力と効果の姿勢が、
  好感度につながっているのでは ・・・

   実は私、好みとしては、肥満気味が
   好きなのです。肥満気味に憧れてます。

  女性たるもの、トレンドを、追っかけなくても
  外出する前、鏡の前で自分の姿装いを点検し、
  OK を出して、精いっぱい自身を、他からの目
  を意識して、外出して欲しい。

  素敵な人を見ると、心、なごみ、ホットしますよネ!

    人間、ミエ、とか、意識は、
       生きる上に大切な事では ・・・・

**************** マサコ・ギャラリー ******************

            
              久保 義浩    ( 日本画
                       ( お譲 りできます。)

********************************************  


Posted by ブティック ハシモト at 17:52Comments(2)私のひとりごと

2018年03月26日

涙にさよなら したい


 本当に、突然と、

    唐突に、突如と、

       亡くなった ・・・・

   何の前触れもなく、・・・・

 なんて、人の ” 命 ” は、はかなく、
   消えるのだろう ・・・・

 四十うん年一緒に働き、昨日まで、
 元気に働き、笑い、お喋りしてた。

 大事な大切なスタッフ、 ― どうして?、

   何故???? ・・・ は、尽きない。

 事故という名のもとに ・・・
   存在がなくなるなんて・・・

 どんなに考え、どんなに思いをめぐらせても、解らない。

 彼女の名前と涙線が一つの糸で結ばれている。
 名前が、出ると ・・・ 鼻水が、止めどなく ・・・

 自分の身内の死すら、
  こんな量の涙は出なかったのに ・・・

 遺影を見つめれば、またまた涙 ・・・

   彼女は、私が居なくてもしっかり、してね!

     と言うのだろうか ・・・

   私がいないと、先生は、出来っこないのだから、
   終幕を打つことネ ― 

     と言うのだろうか ・・・・

 一回りも、年下の彼女が、先に逝くなんて ・・・

   「 御冥福を祈ります。」

 なんて、ありふれた言葉なんて決して、出てこない!
 馬鹿野郎! と さけびたい!

   私は、無慈悲な、人間?

 でも ・・・ 貴美子さん安らかに眠ってください。

   
      貴美子さんが大好きだったお花
                         合掌

  ************** マサコ・ギャラリー ******************

          
              古賀 兼吉   釈迦 ( 水彩
                          ( お譲 りできます。)

 **********************************************

  


Posted by ブティック ハシモト at 10:00Comments(2)私のひとりごと

2017年07月31日

・ラッキーで一日が始まる


   今朝、お堀の処で、ベージュ色のキジ猫が
   ニャーニャー と泣いてる。

   私、そばに寄り、話掛けると、「 ニァン ニァン 」 と
   私の足元にまつわり付く

   可愛い、 可哀そう、 お腹すいたの? 

     捨て猫 ?    「 ニァン ニァン 」
 
   うん、うん 私の足にへばりついて,離れない。

     困った? ・・・ 連れて帰ろうか?

     離れがたい!・・・ どうしよう ・・・

   私に、頭も、体もまつわり、 「ニャア、ニャア」 ・・・・ と

   随分迷ったが、まず、先にウオーキングしてからの事
   帰りに寄ろう ― と意を決して、

     “ ゴメンネ!“… と離れた。


 
  早朝ウォキング途中、時々会うご夫婦と
  一緒に散歩している 「 ゴールデンレトリバー 犬 」 と会う。

  随分以前は、彼も若かったのだろう ・・・

  遠くから、私を見つけたら、主人のたずなを
  振り払い、一目散に私の処に飛んで来た。

  あらゆる愛をささげ、ご主人に申し訳ない想いをしたが
  あれから十何年か経ち、 通りすがりにちょっと寄って、
  私のあご撫でに静かに従がっている。

  私もこれに充分満足しラッキーな気分に ・・・


    
  最近は、小型犬が多く、声を掛けると
  皆、反応し、跳びかかり、私の服を汚したりするが、
  それでも、おおいに満足し、
  今日一日 ラッキーで始まるのです。

  帰りに ・・・ あの猫は、居なかった!

  何だか、” ホット ” したが ・・・・ 私、薄情 ?

 ************** マサコ・ギャラリー ******************


     
            ポール・アイズピリ  ( リトグラフ )
                           お譲 りできます。 
               
       花瓶に止まった小鳥が楽しそうだったので ・・・・・・・

 **********************************************  


Posted by ブティック ハシモト at 14:55Comments(2)生活の装い私のひとりごと

2017年06月21日

装いは人への礼儀


   やたらと? 無彩色どうしの、組み合わせが多い。
   
   TPO での服の選び方が、解らない、
   何をどう着たらいいか解らない ・・・

   ある場での、お話。

   私、ビックリ しました!!
     (僭越ですが、教えて差し上げたい)

   解らないから ・・・ 無彩色や、黒色に、逃げている。
                      ( むずかしいのに )
   それは、自己否定にほかない。

   これだけ、情報過多の時代に?
  
   以前は、花嫁修業として女性の教養の一環として、
   お花、お茶、洋裁を一通リ習う事が、一般化していた。
                ( 基礎を身につける )
   又、親が、TPO の装いなど、教えていた。


いま、フアッションは、生活に蜜着して
 いるにもかかわらず、基本とか、
 ルールを解しない人も多いようです。

 汚い 《失礼》 着方をした方 ・・・ がっかり!

若い方で、ハイセンスの装いの方を観ると
 嬉しくなります。

 若い時は、色々挑戦してセンスを
  磨くとか ・・・

  フアッションを学ぶ姿勢の日常生活
  での自覚が必要で ・・・

  何事も、経験とあらゆる感覚を
  総動員してフアッション感覚を
  磨いて欲しい ・・・

  装いは、その場所、これから
  お会いする人へのマナー以外の
  何ものでもないのです。


   素敵なイメージは、素敵なご挨拶と同格以上のものです。


**************** マサコ・ギャラリー ********************

           
           マチス    ( ポスター )         
                            ( お譲 りできます。)     

**************************************************
  


Posted by ブティック ハシモト at 11:02Comments(0)着る装い私のひとりごと

2017年06月11日

左手よ、ありがとう



  転んで、右手首の骨にヒビが入り
  骨折でもないのに、全く不自由 ― この上ない!

  鍵の開閉、扉の開け、閉め、ができにくい。

  すべて、右手 ( 利き手 )用に出来ているのに気づいた。

  左手で、ビン の栓すらあけられない!
  支えの右手が役立たずだから ・・・・・

  10日間すぎから ” 文字 ” も書け ( 十分でないが )
  右手が左手を少し支えることが出来る様になった。

  今更、利き手でない左手を自由に使えるのも
  右手の ( 完全な ) 支えがあって初めて使用
  出来るのであって ・・・

  右手も完全でなければ、左手を
  万全に使えない事を
  初めて理解させられ驚いた。

  右手の私 ・・・・ いや、人間
  本当に自分だけでは,生きていない!

  他からのささえ、協力、手助け、を受けながら ・・・
  万善と生かされている ・・・・

 
              蓮の花が咲くのもあと少し ・・・

   いい年をして、恥ずかしい事だが ・・・・

  右手負傷からおもいがけなく、
  人の道を悟らせられた思い ・・・・
 
  今まで、関わってこられた方々に・・・
  本当に有難うございます  と
  ブログを通じてお礼を致したく思います。

**************** マサコ・ギャラリー ********************

            
           古賀兼吉  普賢岳   ( 油彩 )         
                            ( お譲 りできます。)     

**************************************************
  


Posted by ブティック ハシモト at 10:00Comments(0)私のひとりごと

2017年05月22日

ここ!妻の席


  先日、バスに、よたよたと乗る私。

  空席を見つけ座ろうとしたら、椅子の背に
  手をかざし、座る事を叫びながら遮ぎられる。
 
   “ 何? 何?”  何を言われているか分からず ・・・

    私より年配者が来られるか?

  空席の後ろに座っている男性、
  前の席の背に手をかざし

   「 ここは、妻の席!、妻の席!、妻の席!」

   と、のたもうて、私を退けた。 

  最初は、何事か理解できず、何度も何度も、
  妻のお席だと、おっしゃってる。

  私も やっと、呑み込み、退ぞいた。

   そして、

  来られた方は、なぜかしら傲慢な態度のご婦人、
  なんとも、妙齢な、見目麗しい40代のご婦人!

  美しい妻を座らせる為に、私を排除された。

  「うーん」 と溜息とも、怒りともつかない複雑な思い・・・

  きっと、遠い処まで行かれるのだ、と自分に
  納得させ、義憤? を落ち着かせた。
 
  再度、がっかりさせられたのは ・・・・

   三つ程先のバス停で、私より、
   その御夫婦が先に降りられた事。

 
        舞鶴公園の大きな木の瑞々しい若葉に力を頂いて ・・・

**************** マサコ・ギャラリー ********************


        
            古賀 兼吉   菖蒲  (水彩 )         
                         ( お譲 りできます。)     

**************************************************  


Posted by ブティック ハシモト at 10:00Comments(0)私のひとりごと

2017年04月02日

オートクチュールの行程


  まず、お客様(顧客)と、デザイナーとの対面

  デザイナーのする事

  ① お客様の持ち味 ― イメージのキャッチ。

  ② 全体像 ― 身長、肥満,痩身、の度合い。

     ウエスト、ヒップ、の位置、高さ〈重要)etc

  ③ お客様の長所、短所、を把握する。
     長所を引き立て、短所を隠す。

   〇 顔の形 ― 輪郭
   〇 首の長さ
   〇 肩の高さ ― なで肩、いかり肩
   〇 あご線から肩までの空間、長さ
      襟、襟明を決めるポイントとして重要

  お客様の持ち味を活かす最初のポイント

    素材選び、色、柄選び。

    おおまかに、寒色、暖色と分かれるが、
    最近は同色の濃淡、色数が多くむずかしい。

    強烈な色の場合は、シンプルにまとめた方が無難。

  お客様の持ち味で、ハード向き?ソフト向き? と
  その人の方向性をきめながら ・・・

    顔のイメージでの特徴、その上何を活かし
    何を隠すか検討しながら・・・・

    デザインに入る。

  裁断

    デザイン画を元に平面図に製図し生地の裁断に入る。

    柄の場合、柄の配置を十分考慮する ・・・ 裁断師の仕事

    裁断した生地を立体的に縫いとじ合わせる (服の形にする)

  お客様に着用して頂き、デザイナーが仮縫いする。

    体のサイズに合わせるのでなく、、この時、欠点を隠し
    長所を表立つ様、工夫し、格好良くセンス良く仮縫いすること

    これ 一番重要!!

    良いシルエット、素敵なムードある味付けをし、

      お客様が、30%アップするように ・・・・

  仮縫いし縫製にかかる。

    デザイナーによる最高のシルエットを、
    高度な技術者の手による、
    満足できる服に仕上げる。

    デザイン、仮縫いをする時、いかに
    私の思いを表現するか、

    表現の良し悪しで結果が左右される
    と考えている。
    そして、縫製師が心こめて縫製する。

  出来上がったお洋服を、お客様が着用される。

    心地よい着心地、心弾む感動、・・・・

    お客さま、デザイナー、縫製師、の三体が合体した
     世界に、 ただ一着のお洋服が ・・・ そこに !!

あらためて
  
お客様 → デザイナー → 裁断し → とじ合わせ → デザイナー → 縫製師
        
 デザインを決める。  デザインをもとに (服の形に) 仮縫いする。  服に仕上げる。

**************** マサコ・ギャラリー ********************


        
            マルジス  たたずむ二人   ( 水 彩 )         
                            ( お譲 りできます。)     

**************************************************
  


Posted by ブティック ハシモト at 09:00Comments(2)私のひとりごと

2016年12月16日

今年の漢字



          今年の漢字は ” 金 ” 

  何年か前も金だったが ・・・
  オリンピックの金、等で選ばれたのか ・・・

  お金、私の人生 ―、

  だんだんとお金が縁遠くなっている感じ

  憂うべきか ・・・・ ( 当 然 )

  しかし、永い事仕事をして来ましたが

  「仕事イコール稼いでお金を得る」
  この方程式が無かったようです ・・・

  仕事、仕事、いい仕事をして?
   自己満足し

  そして、次の意欲につながる
   の繰り返し ・・・

  数字を追うとデザインが浮かばない ・・・

  反面、音楽会、舞踊鑑賞、能狂言鑑賞
   絵画鑑賞、購買と、随分、浪費した。

  金銭感覚の未熟・・・
  全く、情けない事だが・・・・

  「まいた種は、刈って、死ななければ」 は

           私の哲学

  人生、自分が歩いてきた道、受けてたたなくては

        これも又、私の信条


  人生の終末迄の資金造りは、計画的にしなくては
   いけないのだが ・・・・

      あ!あ!  遅すぎる?!?!

  若い方はその方面は、敏感で、堅実でいらっしゃる。

  この、私の笑い話を? 参考にされ、
  明るい未来の構築に向ってください!!

    お金は、生きるも、死ぬも、
      必要不可欠です。

**************** マサコ・ギャラリー ********************


      
       トーマス・ナイト   クリスマス   ( シルクスクリーン )
         
                               ( お譲 りできます。)             

**************************************************
  


Posted by ブティック ハシモト at 17:43Comments(0)私のひとりごと

2016年11月16日

愛車よ、さようなら

  
   やっと、思いきって,廃車、

      とは ― 云い難く ・・・

   愛車と決別する事に ・・・ した。

   愛車は、オフ ホワイト イエロー の” プログレ ”

   最初から、シートをアニマル柄、白黒の豹柄に替えた。

   購入した頃は、その色も珍しく、ナンバーが、 8888 で、

   その頃、その車を見た、他人様からも
   いろいろ、云われたりした。

   日曜の早朝、朝市に行き、新鮮な魚、野菜と
   運んでくれたものだ。

   又、湯布院(登山)にも年間随分 ・・・ 行った。

   熊本の小国に月、一回 行ったとか、 etc ・・・

   長い事、乗せてもらった、本当に、有り難い思い ・・・

   会社に渡す日、自分で洗車し、運転台に座り
   あらためて、

   「本当に、永い事、ありがとう、いい思いを沢山させてもらった」

   お礼と共に、涙腺がゆるんだ。

   

   周囲の人の運転を止める事の奨めで ・・・・
   ( 私の運転は、荒いし、スピード狂、難聴もになったし)

   人様が、善意で言われる事は、素直に従った方が ・・・ と
   本当は、未だ乗りたがったが、美しく?退去すべきかと・・・

   愛車と、決別する事に ・・・ なりました。


************** マサコ・ギャラリー ******************


         

           原田     ピエロ    ( 油 絵 )

         
                               ( お譲 りできます。)             

**********************************************  


Posted by ブティック ハシモト at 10:00Comments(4)私のひとりごと

2016年07月25日

ロボット君


  総合図書館に可愛い顔したロボット君がいる
  その前に、親子ずれの人だかり ・・・

  独特な声をだし頭を振り振り、両手あげたり
  色々の動作をしている。
  尋ねたい項目が5ッ程あり、 尋ねたい処を
  押すと答えが出るようになってる。

  幼児が年齢の処を押すと、
  ロボット君、両腕を開け、
  その手のひらに尋ねる人の手をにせる。

  ” 30歳 ” と出た!

  次に、4歳児君? が同じ年齢の処を押し、
  しっかりロボット君の手を握る。

  ” 67歳 ” と出た!

  彼らより何十倍の年の私、

  興味をそそられ、私も年齢の処を押し、
  ロボット君の手の上に私の手を ・・・・

  可愛い目を、くりくり、 頭もかしげ、
  かしげ、本当に困った様子 ・・・・

     しばし、時間がかかり・・・・

  ” 今日は、体調がすぐれなく 調子が出ません”

     と、 きた。 ( 本当に、困った声で )

  先の2回は大笑いした私、
  今回は、笑えなく ・・・・ 何だか感心した。

  そして、そのロボット君にあらためて、
  親近感が湧き、何だか心暖かく なった。

  さらなる未来への、ロボット君に大声援を
  送りたくなった。

  ロボット君と、お友達になれたら、いい なあ・・・・と


 ************** マサコ・ギャラリー ******************


    
            ヘンリー モア  「二人の・・・」
                                お譲 りできます。 
               
        
 **********************************************  


Posted by ブティック ハシモト at 12:08Comments(0)私のひとりごと

2016年06月24日

猫、大好き


   今、猫ブーム  

   私、動物と名のつくもの、すべて好きで
   すぐ、手を出したくなる ・・・・
   (右手は、仕事上大事だから、出すのは左手)
       でも、猫だけは例外・・・・
 
   友人と道を、歩いていても、脇道にそれる私に、

   又、猫見付けたのネ! と呆れられる
      と、云う程に、猫が一番好きだ

   猫好きな人の前で云うのもおこがましいが ・・・・・
   猫のどんな所作でも、その線の美しさに感動させられる。

   姪なども、猫の写真やら、本等、プレゼントしてくれる。

   先日も友人と歩いてたら、
   猫が私に、つかず、離れずついてくる。

   私、ニァー、ニァーと云い、手を出すと、

   かの猫も,ニァーンと返事するが決して、
   撫で、撫でさせてくれない ・・・・ 別れるのに、往生した。

   テレビに出てくる猫にも声をかけたりする。

  
               マイケル・ルー ( リ トグラフ )  絵画も販売します

   子供の頃から散々猫と暮らし
   動物にまつわるエピソードは、多々ある。

   先日伺った、友人宅の猫はどんな
   猫好きな人が来られても、一目散に逃げるらしい。

   私が、猫言葉?で 「ニァン、ニァンと、おいでと言ったら、
   私の手の指を 〝 におい” ( 同志と思ったのか ) ・・・・・
   
            私に抱かれた!!

   友人いわく ・・・・
   「ひや! 珍しい!人が来たら一斉に姿を出さないのに ・・・・
    私にも、抱っこさせないのに!」

   「橋本さん、猫飼いなさい!」 と、強く奨められた。


   猫を膝の上に乗せたら、トイレも我慢し、 猫殿の
   奴隷になるに決まっている私 ・・・・・

     今、自分が可愛いのかな!!  


Posted by ブティック ハシモト at 10:30Comments(0)私のひとりごと

2016年05月04日

ブログをはじめて


 パソコンを扱い出し、同時にブログを始めて4年になる。
 早いもので・・・・・

 最初は、興奮にまかせ、どんどん書くものが出てきて
 3ッ先まで、プール出来てた。

 オーダの仕事を半世紀近くもしている ・・・・
 この長い道のり ・・・ ブログの話題は、際限なく書くものが
 出てくると自分に期待していたのに ・・・
 何んと!! そうはいかない

 期日がせまり、 ( 自分勝手に当初一週間、今は十日間隔 )
 せっぱつまっての打ち出し ー している。

 誰かが、何か?問題、質問を与えて下さったら ・・・・ と
 少しのヒントで ・・・ 文章に問題提供にと、他力本願の
 期待をしたり ・・・・

 コメントなど、何よりの刺激に、
 そして、脳が悦び、踊る ― 次につながる。

 若い人( このブログを開いているかが、疑問 )が
 ファッションの質問を、投げかけて下さると
 有難く、ハッスルするでしょう。


             ( 新緑のパワーを頂いて)

  文章にマッチした写真撮りが大儀で苦しくもあり、
                     愉しくもあり ・・・ ですね。)

 所詮、どんな反応かも判らず、かえりみず、・・・
   (出来ましたら感想をお願いいたします。)

 自分自身が、苦、楽、共に感じ
 楽しんでいるのかもしれません。

 何をさておいて、まずは、開けて下さいまして
 有難うございます。

 あらためて、お礼、申し上げます。

                  ハシモト マサコ  


Posted by ブティック ハシモト at 12:48Comments(4)私のひとりごと

2016年04月23日

殿方のおしゃれに触発されて


  以前、「 男のおしゃれ 」 のタイトルでブログに乗せた事がある。


  ブログ始めて4年になるが
  男の人を扱かったのは、
  1回きり。

  これが、又、意外に好評で、
  開いて下さる方の多いのに
  ビックリ したものです。




   今日、ばったり その方にお会いし、・・・
   相変わらず バッチリ と
   おしゃれをしていらっしゃる。

   又、写真を撮らして!!!
   と口走る程でした。



  男の人のおしゃれは、
  往々にしてシックにまとめたものですが、
  その殿方は、いつも、
  非常に難しい ・・・ 色を使っての

  コーディネート ・・・・


           なんとも、躍動的、かつ上品にまとまってる。



   今日は、ブルー系と、ホワイトだが
   白シャツのボタンまでブルーときてる
   ネクタイは、ブルー、グレーに、
   イェローが少々

   まさに、憎い程にきまっている ・・・・・



    ふと、殿方のファッションに感銘している場合かと ・・・・
    我が身を振り返り、これがファッションを仕事にしている私の装い?


  なんだか、恥ずかしい思い ・・・・・
  帽子を被ると少しは、グレードアップするのに
  今日は、それすらなく ・・・・

  ああ、あの殿方に負けずに, 触発されて!
  おしゃれに専念すべきだ!!



     ブログで口ばかり唱えている自分をしっかり反省しました。

     乞う!! 後日、お会いした皆様に私がどう映るか楽しみです!!
           ( これ、自分にハッパかけです)  


Posted by ブティック ハシモト at 19:16Comments(1)私のひとりごと

2015年12月20日

今年の漢字


   今年の漢字は、{安}に決まりました。
   
   京都、清水寺の森範貫主が、越後和紙に広島県産
   の、熊野筆で、力強い揮毫をされました。

   

   見事ないろいろの意味合いともとれる ( 安 ) という
   その漢字の筆力・・・

   思いがけない “ 字 ” が選ばれ感がしました。

   世界で頻発するテロ事件、異常気象などで、人々を
   不安にさせた事などで、皆の心に安心を望んだのでしょう

   ひときわ明るいピン芸人 安村の ” 安心して下さい穿いてますよ"
   のフレーズが流行るのは、やはり、人々が望んでやまない
   心情の発露からでは・・・・

   2位は、{ 爆 } “外国人観光客の”爆買い” に ちなみ ・・・
   3位は、{ 戦 } 戦後70年の節目など ・・・ と続いている

   私、年配は、そんな漢字のイメージは、決してよくない。
   1位に選ばれなくてよかったと思います。

   ( 安 )の字の明るい響きの漢字を辞書で引いてみました

   安心、安全 ,安逸, 安住、安息 安泰、安閑、安寧 

   みんな、あやかりたいものですネ( 欲張り カナ )

   来年は、多くの難問題を抱えていますが、
   庶民の願いとして、暮らしの安らぎを望みたいものです

     穏やかなお正月をお迎えいたしましょう。 
       


Posted by ブティック ハシモト at 00:01Comments(0)私のひとりごと

2015年11月30日

現実にしたい夢


デザインしたい!!

   創りたい!

     斬新な、面白い、あ! 創りたい
  
       色々、面白く創りたい!

 生地がそこに、沢山ある ・・・

    あ!創りたい!

      創って、人々に、アピールしたい!


 沢山の人々の目に留まる所に ・・・

     それ等の服を飾りたい!


 ある人の目に留まり、合意のもと、それを、着て欲しい

    あ! 素敵! あ々何だか心地よい と感じて欲しい

      あ!創りたい あゞ思い切りデザインし遊びたい!
 
  そして、喜び、又、次に未来に飛躍し、その人も、j自分も

     喜んでもらえる・・・・そんな服を!!


   

 ずっと、心で、抱いて、燃やしていた ― この気持ち

     切実な思い、実現できないのか・・・・


   この広い世の中、どなたjか、一緒に

   夢や現実を追う方、いらっしゃいませんか!

   (夢を見てるのではありません、私は、真剣です。)


  


Posted by ブティック ハシモト at 11:25Comments(3)私のひとりごと

2015年08月27日

ブログ誕生?


   恥かしくて云えるものではないが・・・・・
   情けない程に病院,通いの私、 まず
   整形外科、耳鼻科、眼科、内科、歯科と
   はた又、病院以外の治療所と ・・・

   何時も、何処か痛いからだ ・・・
   これが、又店に行く時間になると、ふにゃ、ふにゃ
   のカラダが、シャキット ― の体に ・・・

   店に来て、来客の予定だと、心身が踊りだし
   初心者の如く、落ち着きがないく
            従業員に笑われる


   病院では、ひどい時は3時間余も待つ事も
   一時間なんて、なんてことない。

   しかし、この時間、貴重なもの・・・
 
   待合の椅子に膝が机代わり、いろいろの案やら
   書き物をする ・・・・ 何故かしら、ブログもほとんど
   病院の待合室から生まれる事が多い。


   背骨、腰骨、をやってるから、体にいいのは
   座るより立つ、一番いいのは、横になる、と
  
   我が家での、新聞、読書、はもっぱら、ベットで
   寝た状態で読んでいるので ・・・・

   病院での椅子膝上机が何より、なのかも ・・・・

   お恥ずかしい事、発表 ( バラ ) してしまいましたが ・・・・

      待たせてもらい有難う! なのでしょうネ

 

     


Posted by ブティック ハシモト at 10:00Comments(4)私のひとりごと

2015年06月27日

どうして、そうゆう事するの



  何時ものウオーキング終点の小さな森に
  心ない人が折った枝が捨てられている。

  どうして、そうゆう事をするのだろう。

  捨てられた枝の葉の余りにも美しい紅色に
  我が家の花瓶にでもと思い手にしたが・・・

  あ~あ~ やっぱり森に戻した方が、枝が安らぐのでは ・・・


      やがては森の肥やしになるだろう ・・・ と

      後日その葉は、茶褐色に・・・・・


    雨上がりの樹木、幹木の根、石に
    静かに、緑の微妙な何ともいえない
    " コケ ” に吸い込まれそうな静寂 ― 美しさに

   
  樹々の木に宿る精霊、・・・常日頃は黙として語らないが・・・

   風が起きると、木々の葉たちの、おしゃべりが始まる。

        このおしゃべりが心地よく響き、
     樹々の葉の間のこぼれ日が希望の光になり
        愛して、やまない私の森たちです。  


Posted by ブティック ハシモト at 10:20Comments(4)私のひとりごと

2015年05月30日

淡路島パーク

  淡路島夢舞台ミュージアムパーク、 奇跡の星の
  植物館を観て来ました。
 
  広大な、空間を利用した建物と敷地、( 安藤 忠雄 作 )

  
        (ときめいたイス、座り心地もバツグン、!)

  都会では出来ない大規模なもの・・・・・

  白の館 南国の植物、花 ジャングル風 バラ園と、多彩に展示
  視覚と感性を愉しめてくれた植物は、花々は、
  何よりの癒しになり・・・・

  そのデザインと手入れの工夫が感じられ、その大変さにも
  感動させられました。



  本来の目的は、身内のうん拾年の
  闘病の見舞いに
  行ったもので、・・・・
   
  家での闘病は本人の強い意志と
  周囲の多大なる協力あってのものと、
  つくづく納得

    純白だったのに ・・・ 何故 ?


  長い長い、患いでも、家族の思いやり・・・
  ベットのある部屋にテーブルを入れ、
  そこで食事をし、集まった人々の声を、
  動く感度を悟る・・・

  ベットの中の病人は、なんと幸せかと・・・・
     涙が出そうでした。




   夜は、そばで就寝 ―
   何回か起き 〇〇を取るなど・・・・

   本当に幸せな病人だと、
   再認識して欲しい・・・・と
     本人にも伝えました。



   病人は、終焉は、自宅で、と願うのは当然かもしれないが ・・・
       それは、余りにも犠牲が大きいのでは、・・・ と
               考えさせられました。
    
  


Posted by ブティック ハシモト at 10:14Comments(0)私のひとりごと