2015年01月28日

あらためて・・・・服創りの効能


  洋服の良さは、着易さ、気楽さ、と思っていませんか?


   ( 着物は、四季、色合わせ (小物だの)
   厳しい約束事? があるが、
   長い歴史で、当然の事の様になっている ―
                  ゆえに、すばらしい )

   日本は、洋服の歴史が浅いので、未熟なのです。

  それには、しっかりご自分に合った
   (又基礎的最低の知識で)
  洋服を選ぶべきです。

  TPO おける洋服など、すぐさま季節と
  同時に準備出来る装いがあって、
  しかるべきではないでしょうか




   専門分野でなく感覚的にすぐれた人もいますが
   その人は自信傾倒で、えてして間違いも・・・・・

   やはり、その道の優秀なプロにアドバイス、
   又作成してもらう事。

   服創りは、その人の長所を生かし、短所を隠す。
   錯覚を利用して、デザインする。

   〇 まず、色合い、(その人を生かすも、殺すも、これ)
   〇 体のバランス
   〇 線と衿明き具合(衿明き、衿型など)
   〇 線 etc.



  その人に合わせる事なく、いいとこ取り、
    一番いい所を生かす。
    格好よく仕上げる。

   品格、知的、チャーミング、など
   全体計算され創り上げる。

   大事なことは、それに味付する事により
   創り上げたものは、おのずから、
   その人(女)を、グレードアップになるものです。


  あなた一人を、最高に位置ずけての服創りは、
  貴女を心身共に、輝かせ、精神的誇りと喜びが
  素敵な、スタイル感を、人に与えるでしよう。
  


Posted by ブティック ハシモト at 11:57Comments(2)着る装い

2015年01月18日

笑う門には福来る


      「笑う門には福来る」

    笑いの諺に
        笑いは人の薬
        笑う顔に矢たたず
        笑って損した者なし
        笑って暮らしても一生、泣いて暮らしても一生

  前向きな考え、健康的な考えすると、顔のの印象も
  さわやか明るい感じ

  悲観的な思考は、当然暗い雰囲気な人間に・・・

  前者は、当然人が集まる。
  (すべての気の持ちようから表情が生まれ、たとえ作り笑いでも)

  私事ですが若い時、大口を開けて〟笑っていた私を見て、
  子供達に、その大口を嗤われ、乙女心が傷ついたせいで?
  余り、笑わなかった。女性のほほえみ、すら忘れてしまった。

  しかし、一方では、自分の顔の造作?が悪い
                    (ブスと云わせない)

  自分をしっかり自覚し、どんな厭な時でも、“ しかめずら ” は,
  しないどこうと、自分に云い聞かせてた。

  それと同じく “ ほほえみ” を身につけてたらと
                   残念におもう 今 ・・・



     笑いは、身体的に左右するらしい

  笑いの特性は、強い痙攣的運動でそれが繰りかえされると
  胸部を空気で膨張させ、血脈の循環をよくし、肺臓を強くし
  全体の機能を活発させるそうです。

  反対に、何時もしかめっつらをしていると、血管が収縮し
  心臓や、胃、の調子も悪くなるそうです

  笑いと苦痛を比べると、心に痛みのある場合呼吸が
  長く,吸気が短い (溜息となる)

  心持が快適な場合は、反対に吸う息が長い。

   笑いは力強い深い胸部の運動をうながすので
   肉体的、精神的、な健康に大いに役立つらしいです。

  朗らかに、正しく笑い得る人は、心身共健康な人でしょう。
    
   今年は、笑いでもって過ごしましょう。

         27年 1月    


Posted by ブティック ハシモト at 18:51Comments(2)心の装い

2015年01月07日

箱根駅伝&樹木


 東京箱根間往復大学駅伝競走を2日、3日と
 テレビで観戦した
 若者たちが一斉に、箱根の山に向かって、リレー
 各大学選出の団結と、自己の力を出して・・・・

 途中、思いがけない、ハプニングが起きても
 自分への戦い、役割と仲間が待っている ――
 必死で、タスキをつなぐ姿は、涙ながらに
 拍手を送った。

 又、タスキを渡すべきアンカーの姿なき中継点
 到着した選手、頑張った自分と、仲間たちの無念さに
 哀しく、泣き崩れる・・・・

 ガッツポーズ、そして万歳、
 トップで笑顔の仲間たちが
 待ってるゴールのテープをきるのは
 人生最高のおもい( 感 )だろう。

 お正月早々、本当の、ドラマを観た思い ――




 お正月早々、ウォーキングする、未だ暗い中
 お堀の表面は、薄ら氷が張っているようだ
 今冬で、一番寒い.

 愛する小さな森へ、いつも抱きしめて願い事する木は
 決まってるけれど ・・・

 今日は、他に偉丈夫な大木を何本か選び、
 それぞれを抱きながら ・・・

 いろいろと、欲張ったおねだり ・・・ を

 又、形も変わって、樹皮も決してきれいではない
 木をさがし、彼等に個性と飛躍した感覚を
   ― おねだり ―

 今年は、早々と森の精霊たちに ― お願い
 きっと、飛躍?する年になる事を祈って。

 今年も森の友達と、一日の始まり、朝の挨拶に訪れます。
  


Posted by ブティック ハシモト at 17:43Comments(4)私のひとりごと

2015年01月01日

新年明けましておめでとうございます。


 皆様あけましておめでとうございます

 今年、いい年でありますように
       
    年頭のご挨拶です 
 

 初雪がちらつく中、三社詣をして参りました


               (香椎宮にて)

 全国、寒波、福岡も雪との天気予報のせい?
 いつもの何分の一程の人出

 可笑しいもので、多過ぎるとうんざり、
 少ないとなんとなく、がっかり、

 並ぶ店の準備もほどほど・・・、

          
 大島紬を着た和服(アンサンブル)姿の
 美しい人を見ました。

 前にまわり、正面からも・・・
 若い人で、地味な大島に赤い帯などで・・・・

 コントラストのよさに、若い人の着物の着方に
 嬉しくなりました。     

 美しい出で立ちをご想像して下さい


 三社にしっかり、お願い事を願かけしてきました
 健康以外に、お願い事があるのも、又、幸せの
 始まりと、自分流に解釈して・・・・

 皆様も幸ある一年でありますように祈って。
  


Posted by ブティック ハシモト at 13:12Comments(1)生活の装い